高血圧の薬でした

カプセルと錠剤

AGAの治療に使用されるロゲイン、そしてその中に含まれているミノキシジルですが、このミノキシジルという成分は本来AGA治療のために開発されたものではありません。
このミノキシジルという成分は元々高血圧の治療の際に使用される血管拡張薬という薬なのです。

ミノキシジルが含まれた医薬品は服用することによって血管を拡張し、血が流れやすい状態を作ることによって血管の負担を減らし、血圧を低下させる効果があります。
その為、本来は血管拡張薬という薬として高血圧の薬として研究されていたのですが、研究の過程で「服用すると全身の毛が増えた」という報告を受けるようになりました。
本来ならその症状というのは正規の作用ではない副作用として処理されるはずでしたが、この毛が増えるという部分に注目して研究を進めた結果、AGAのような薄毛の治療に使える、という事が判明し、AGA治療薬として利用されるようになったのです。
その為、ミノキシジルの一体どのような成分が毛を生やす効果があるのか、というのは確定し切っていないのです。
ですが、一説としては血管が拡張して血の巡りが良くなることによって毛根に栄養が行き渡るようになり、AGAの症状を改善して髪が生えるようになる、という風に言われています。

この血管が拡張されるという作用が影響して発生する頭痛のような副作用という物も存在しますが、ロゲインは頭に塗るタイプの薬の為、比較的副作用は少なくなっています。
その為、飲み薬として販売されている物よりも安心して使用することが出来るのです。